よくある質問Q&A

賃貸物件の上手な探し方

まずは、条件を整理しましょう。

賃料は給与の25~30%前後を目安に。

広さ(何m2)、間取り(1LDKなど)、駅まで徒歩何分、設備(オートロックの有無や
トイレ風呂別など)を決め優先順位をつけましょう。

ある程度物件が絞り込めたら(3~5件までを推奨します。)、物件の見学を依頼しましょう。
良さそうに思っても、実際に部屋に入ってみると、思ったよりも狭い、
日当たりが悪いなどいろいろ気付く事があります。
駅までの距離や自分がよく通ることになる道も調べておきましょう。

希望通りの物件は、ほぼありません。
より希望に近い物件を見つけるために当社の専門スタッフがお手伝いいたしますので、
気軽にご相談ください。

敷金と礼金とその違いは?

敷金とは、家賃滞納などにあてる目的でオーナー様に預けるお金のことです。
事業用物件では「保証金」としてお預かりしています。

退去時に原状回復費用を差し引いた分が戻ってきます。
また、敷金償却のある物件については償却費用の他に原状回復費を追加で
とられることはほとんどありません。

礼金とは、入居時にオーナー様に支払う一時金のひとつで
オーナー様の収入となり、敷金や保証金のように契約期間が終了しても
返還されることはないです。

昔は貸し手市場だったため発生したものとされます。
現在でも家賃の1~2ヶ月分の礼金を取ることが多いですが、
礼金なしの賃貸住宅も増えてきています。

連帯保証人や保証会社の利用は必須なのですか?

物件によって異なりますが、基本的に連帯保証人が必要となります。
連帯保証人が立てられなくても保証会社の利用のみで審査が通る物件もあります。

なお、保証会社を利用する場合、契約時に
一定の保証料(賃料の30~50%)が必要になります。

原状回復義務とは?

お客様が増設したものを取り除き、壊したものを修理します。
借りた時の状態に戻してオーナー様にお返しするのが原状回復義務です。

なお、東京都では住宅の賃貸借上のトラブルを防止するために
「賃貸住宅紛争防止条例」を制定し、ガイドラインを作成しています。
契約の際に一緒にお渡ししますので最初にしっかりと確認しておくことが大切になります。

入居審査とは?

部屋を気に入って入居の申込をしたら、次のステップが入居審査となります。
賃料の支払いに見合った安定した収入があるのか、転居理由に
問題はないか等をチェックします。
審査方法は一般的に書類の提出や面接となり、
審査基準はオーナー様によって異なります。
なお、審査結果はオーナー様の判断を経由して概ね1週間以内に通知されます。

引越しについて

お引越しでは、住民票の移動届や学校への転校届をはじめ、
電気・ガス・水道・電話の移転手続き、金融機関・保険会社への住所変更届、
さらに荷物の整理・梱包、粗大ゴミの処分、
冷蔵庫内の食品の処分、近所へのあいさつなど、
やらなければならないことがあまりにも多くあります。
どこで何をしなければいかないか、誰に何をしなければいけないかなど、
あらかじめ計画を立てて準備しておきましょう。


ネットで引越し手続き

不動産総合ポータルサイトいえらぶ

注目エリア

駅から賃貸物件情報を探す

注目地域

駅から売買物件情報を探す